トップ

インプラントの種類

インプラントの結合期間

インプラントの埋入について

インプラントは人工歯根を顎の骨に埋入して、基本的にその人工歯根と骨が結合するまで待たなくてはいけません。それは、顎の骨と結びつくことによって、ある程度の強度が得られるようにするためです。そうすることによって、硬い食べ物を噛んでも耐えられるようになるのです。ですが、今日のインプラントには、埋入した当日や短期間である程度の食べ物ならば、結合期間を待たずに噛むことができる治療方法があります。どちらの治療が自分に適しているのかということは、情報をよく集めた上で、歯科医と相談して決めることが望まれています。

埋入による新しい歯の増設

歯は様々な理由で抜けてしまい、一度永久歯が抜けると生え変わりません。そのため入れ歯を用いる方もいますが、最近ではインプラントが人気を集めています。特徴としては歯の抜けた後の歯茎に人工歯を取付できるように土台を設置して固定する埋入式の施術方法です。入れ歯とは違い、取り外して洗浄した後に再び付けるといった手間も必要なく、自然な歯と同じように歯磨きでケアすることが可能です。そのためより自然な歯と同じ状態を手に入れることが出来るため、インプラントは人気となっています。土台を作る際に歯茎に施術を行うため、多少の負担はかかりますが、それもすぐに落ち着くため、ほとんどリスクもなく可能です。

↑PAGE TOP